朝日杯フューチュリティステークスについて

今回より中山競馬場から阪神競馬場へと開催地を移した「第66回朝日杯フューチュリティステークス【GⅠ】」ですが、芝1600mというのは変更なく、そして2歳王者頂上決戦という意味合いも変化ナシです。そしてここで注目したいのはこの3頭。

先ずはクラリティスカイ。
ここ3レースで2-1-1という絶好調ぶりが輝く。
前走勝利後、目標は「朝日杯フューチュリティステークス」と早い段階から準備をした来た事が、関係者の意気込みからも伝わる。
G1前に厳しいペースのレースを経験出来たのも良い兆候。
混戦模様ならば軸馬として扱うには最適である。

続いてナヴィオン。
コチラも穴扱いを受けていますが、前走に関して言えば不利やロスが大きく影響してしまいました。
スタートの行きっぷりに任せてロスなく先行していれば、間違いなく馬券に絡んでいたはずです。
ココはハーツクライ産駒としてディープ産駒が幅を利かす昨今に風穴を開けて欲しい。

最後はダノンプラチナ。
前走は楽な展開といえますが、とはいえやっぱり強い印象があります。
とはいえ厳しいペースしか経験ない馬なので、もしペースが落ちついてしまったら掛かる可能性がある。
血統背景は、重い短中距離馬タイプといった印象なので適度に重い馬場のほうが合うはず。

といった感じで挙げた3頭の他にもブライトエンブレム、セカンドテーブル、タガノエスプレッソといった実力馬も目白押しなので、はっきり言って今回は大混戦と見ていますがどうなる事やら。

このエントリーをはてなブックマークに追加
ライタープロフィール

shibayama
競馬は見るよりも予想するもの。レースは結果を見るだけのことであって、それまでの予想の組み立てや情報などの選別が楽しいものです。私はいつもレース当日よりもレース前日が楽しかったりします。

利用者の多い競馬情報

競馬コラム

shibayama

予想の組み立てや情報などの選別を楽しむのが競馬だ!

ネオポリタン

競馬もパチンコも競艇も好きです。ギャンブル好きのダメ男かも(T_T)

ステレオタイプ

ギャンブル好きで競馬を始めました。ですが、まだまだアマチュアです。

中村リン

散歩中に馬を見た時、カワイイと思いました。それが、競馬を始めたきっかけです。

ウマピーSNS紹介

当サイトのSNSサイトは右の画像からご覧になれます。
【フェイスブック】
【ツイッター】
【グーグルプラス】
お気軽にご覧ください。