JRA騎手免許に合格した外国人騎手

今回2名同時にJRA外国人騎手が誕生した。日本人でも難関と言われる試験に見事合格したのはミルコ・デムーロ騎手とクリストフ・ルメール騎手
おめでとうございます(祝)
ミルコ・デムーロ騎手は昨年に一度受験しているが不合格となっていた。
ってことは、クリストフ・ルメール騎手は一発合格!?
難関と言われているが簡単なのでは??
地方競馬所属の騎手がJRA騎手試験の合格率は1割程度だと言われています。
なので、やっぱり難しいってことですね。
大人になって仕事をしながら、また勉強をするということは気持ちがどうしてもついてこないこともあるでしょうしね。私も今から勉強なんて・・・笑

今回記事となった情報

JRAは5日、2015年度の騎手免許第2次試験の合格者を発表した。ミルコ・デムーロ騎手(36)=イタリア、クリストフ・ルメール騎手(35)=フランス=の外国人騎手2人も見事に難関を突破、史上初となるJRA所属の外国人騎手が誕生した。
現在、外国人騎手は年間最大3カ月の期間で短期免許を取得してレースに騎乗することが可能だが、JRAは14年度の騎手免許試験要項の新規騎手の項目に初めて「外国で騎手免許を受けている者を含む」と明記。昨年は初めてミルコ・デムーロ騎手が受験したものの、1次試験で不合格となっていた。
今年はミルコ・デムーロ騎手と、クリストフ・ルメール騎手の2人が受験。昨年10月に行われた1次試験を突破し、今年1月末の2次試験に挑んだ。
1次試験は筆記試験で行われ、英語による受験も可能(他に身体検査。騎乗技術試験、体力測定は免除)。2次試験は日本語による口頭試験が実施されるほか、身体検査、人物考査も行われる。筆記試験、口頭試験は100点満点で行われ、おおむね60点以上が合格の基準となっている。これで2人は通年での騎乗が可能になるが、出張などを除き、年間を通してJRAでの騎乗が義務づけられる。
ミルコ・デムーロ騎手は1979年1月11日生まれの36歳で、イタリア国籍。94年に騎手デビューし、99年に初来日、03年にネオユニヴァースで外国人騎手として初めて日本ダービーを制覇、11年のドバイワールドCではヴィクトワールピサを日本馬初勝利に導き、東日本大震災直後の日本を勇気づけた。JRA重賞31勝(うちG1は10勝)。弟クリスチャンも騎手で短期免許を利用して日本で活躍している。
クリストフ・ルメール騎手は1979年5月20日生まれの35歳でフランス国籍。99年に騎手デビューし、02年に初来日、ディープインパクトに初めて土をつけた05年の有馬記念(ハーツクライ)が日本でのG1初勝利。JRA重賞18勝(うちG1は5勝)を挙げている。
元ネタ:引用元のページヘのリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加
ライタープロフィール

ステレオタイプ
運動ばかりして育った運動バカ
人間ではなく馬で生まれてきたら競走馬になれたと思ってしまうくらい。
ギャンブル好きで競馬を始めました。ですが、まだまだアマチュアです。

利用者の多い競馬情報

競馬コラム

shibayama

予想の組み立てや情報などの選別を楽しむのが競馬だ!

ネオポリタン

競馬もパチンコも競艇も好きです。ギャンブル好きのダメ男かも(T_T)

ステレオタイプ

ギャンブル好きで競馬を始めました。ですが、まだまだアマチュアです。

中村リン

散歩中に馬を見た時、カワイイと思いました。それが、競馬を始めたきっかけです。

ウマピーSNS紹介

当サイトのSNSサイトは右の画像からご覧になれます。
【フェイスブック】
【ツイッター】
【グーグルプラス】
お気軽にご覧ください。