ジャパンカップについて

11月29日(日)に東京競馬場で開催されのが、『ジャパン・オータムインターナショナル 第35回 ジャパンカップ』です。
1981年創設の国際招待競走で、日本初の国際GI【GⅠ】レースです。
国内外からスターホースが集結する一戦で、世界トップクラスの賞金が設定されている。
過去10年は1番人気馬が[3-3-2-2]と安定しているが、近4年で見れば3連単20万越え2回に加えて昨年も10万近い配当ダ出る波乱含みのレースが多い。さて今年は一体どうなるのか?

注目は「ラブリーデイ」。
前走『天皇賞(秋)』は1番人気に応える堂々の走りを見せ、直線早めで先頭に立つと後は正攻法で優勝して見せた。
今年は重賞タイトル獲得数「6」を誇り、今年喫した2敗は芝の芝3000~3200m長距離路だった。
一方で芝2000~2400mの重賞では全勝で馬場を選ばない圧倒的実力を誇る。
今年の日本競馬界を代表するトップホースの立場で海外の強豪に受けて立つ。

そして「ミッキークイーン」。
デビューから7戦して4勝で[4-3-0-0]と目下連対率100%を継続中であり抜群の安定感が自慢である。
今年は『オークス』『秋華賞』と【GⅠ】レースも制覇している充実の時期である。特に前走『秋華賞』で見せた中団から最後、直線でグングン伸びるレースで、走りに“幅”ある事も見せつけた。
短期放牧を経て挑む大舞台で2012年以来の牝馬優勝を賭けて、近年充実の3歳牝馬の活躍に期待したい。

締めは「ゴールドシップ」。良くも悪くもこの馬には注目が集まります。
今年は『天皇賞(春)』を征して【GⅠ】の獲得数を[6]まで伸ばしした。
しかし良い事といったらコレくらいなモノで、前走『宝塚記念』はゲート内で起立する大立ち回りの末、15着という大敗を喫して多くの競馬ファンからの失笑を買う羽目に。
レースが終わる度にゲート審査を受けるのは最早通例行事となっている。そして今回5か月ぶりの実戦に向けて着々と準備を進める。
東京・芝コースには2013年の本レース以来の出走となる。
ちなみにその時も結果は15着だったが経歴から見てコース適性はある。
後はとにかくカレのヤル気だけである。

その他にも国内外から実力馬がめじろ押しの本レースの情報は信頼できる筋から確実に入手しておきましょう。
ソレこそが勝利へのカギであり直行便なのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
ライタープロフィール

shibayama
競馬は見るよりも予想するもの。レースは結果を見るだけのことであって、それまでの予想の組み立てや情報などの選別が楽しいものです。私はいつもレース当日よりもレース前日が楽しかったりします。

利用者の多い競馬情報

競馬コラム

shibayama

予想の組み立てや情報などの選別を楽しむのが競馬だ!

ネオポリタン

競馬もパチンコも競艇も好きです。ギャンブル好きのダメ男かも(T_T)

ステレオタイプ

ギャンブル好きで競馬を始めました。ですが、まだまだアマチュアです。

中村リン

散歩中に馬を見た時、カワイイと思いました。それが、競馬を始めたきっかけです。

ウマピーSNS紹介

当サイトのSNSサイトは右の画像からご覧になれます。
【フェイスブック】
【ツイッター】
【グーグルプラス】
お気軽にご覧ください。