シンザン記念について

ここ数年の「第49回 日刊スポーツ賞 シンザン記念【GⅢ】」の注目度はやはり2012年のジェンティルドンナや昨年のミッキーアイルの活躍による所が大きい。

そんな注目度が高い「第49回 日刊スポーツ賞 シンザン記念【GⅢ】」の注目はやはりナヴィオン。
昨年の「第66回朝日フューチュリティ」に於ける惨敗は力の差をまざまざと見せつけられた。
とはいってもこの馬の素質と怒涛の末脚は切り捨てるには惜しい魅力であり、この面子で良馬場なら一気に突き抜けるだろう。
気になる点は先ずは今回も大外な事。
12頭立てなのでこの件は心配は無さそうですが、問題は追い切りの走りの感じが今一つ乗れていない感じな所。
調教師が嘆く程なのでちょっと気になります。

そして個人的にはレンイングランド。
距離の不安は付き纏うが、「マイルへの距離延長は問題なさそう。前々でうまく運べれば重賞でもチャンスがあっていい」という浜中騎手の発言からも期待が持てる。
そして何より母系はマリンフェスタ~ロングチアーズ~ミホシンザン ~シンザンと多少入り組んではいますがシンザンの血統というロマン枠でもある訳です。

シビアな勝負の世界にもロマンは必要。それが競馬という血統が支配する世界なら尚の事。という言い訳込みで臨んでみたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加
ライタープロフィール

shibayama
競馬は見るよりも予想するもの。レースは結果を見るだけのことであって、それまでの予想の組み立てや情報などの選別が楽しいものです。私はいつもレース当日よりもレース前日が楽しかったりします。

利用者の多い競馬情報

競馬コラム

shibayama

予想の組み立てや情報などの選別を楽しむのが競馬だ!

ネオポリタン

競馬もパチンコも競艇も好きです。ギャンブル好きのダメ男かも(T_T)

ステレオタイプ

ギャンブル好きで競馬を始めました。ですが、まだまだアマチュアです。

中村リン

散歩中に馬を見た時、カワイイと思いました。それが、競馬を始めたきっかけです。

ウマピーSNS紹介

当サイトのSNSサイトは右の画像からご覧になれます。
【フェイスブック】
【ツイッター】
【グーグルプラス】
お気軽にご覧ください。